デザインは多種多様!プリントTシャツを自由に選択できる時代

サイトマップ

Tシャツ

サブカルチャー文化の一つになるプリントTシャツ

日本においてアニメやゲームといったサブカルチャーの文化は、今となっては世界に誇れる独自文化となっているといっても過言ではありません。アニメ、ゲーム自体の作品だけでなく、そこから展開されるグッズ販売もまた多くの商品が生まれ、消費されています。その中にはTシャツも含まれており、イベントの際にはその作品にちなんだプリントTシャツが並んでいることは今では当たり前になりつつあります。
それは製作会社がプリントTシャツを作り、販売しているというだけに留まりません。夏と冬に行われるコミックマーケットだけでなく、小さな即売会においてもファンの手によって作られたオリジナルのプリントTシャツもまた販売されています。二次創作の一環であり、作品にちなんだデザインや言葉で彩られたプリントTシャツが存在しているのです。
プリントTシャツ製作は昔に比べて敷居が低くなっており、インターネットを用いて発注することも可能になっています。イベントでの需要を考えて発注数を変えることも出来、そしてSNSによって完成図を自由に発信できるようになっているので、同人界隈においてもプリントTシャツというものは需要があるのです。綺麗なデザインから「クソダサい」デザインまで様々なものがイベントに出るのもまた、日本のサブカルチャー文化の一つといえます。

外国人による日本語プリントTシャツ

外国に行くと日本では見られないようなプリントTシャツを目にすることが多いと思います。やはりデザイン性の違いといいますか、感受性の違いといいますか。日本人とはまた違った発想でプリントTシャツを作っているんだな、と実感させられます。例えばロックなデザインだったり、色の組み合わせが日本ではあまり見られないようなものだったりと、露天やブティックなどに足を運べば、色々なTシャツを見ることが出来ます。
ですが普通にデザイン性の違いに驚くばかりではないのが、外国のTシャツかもしれません。たまに日本語で書かれた言葉がデザイン、あるいはプリントされているものが紛れ込んでいることもあるでしょう。日本で販売するには考えられないような言葉でデザインしているプリントTシャツがあり、思わず笑ってしまったり、あるいは服だけに吹くしかないようなプリントTシャツが普通においてあったりします。そればかりかそれを着るの!?とばかりに、堂々と着こなして歩いているパターンもあるでしょう。
最近では外国ではなく、日本国内でも外国人がそういったTシャツを着て、街中を歩いていることもあります。国が違い、国境を超えたとしてもTシャツ一枚で交流や出会い、そして驚きや笑いを楽しめるのがプリントTシャツの良さといえます。

イベントで着るプリントTシャツのメリット

プリントTシャツは昔に比べて身近なものになったと言われています。業者の増加だけでなく、ネットの発達やその影響によるSNSという存在もまた後押ししています。ネットを通じることで業者に依頼するだけでなく、プリントTシャツのデザインも一緒に送ることが出来るというのも、製作や依頼をしやすくなったといっていいでしょう。そのためイベントのために会社がオリジナルのプリントTシャツを製作依頼するだけでなく、一般人もまた製作依頼をするようになっています。
イベントは何も売買するためだけのものではありません。学校のイベントや、イベントのスタッフのために製作することも考えられます。出来あがったものを売るのではなく、学生やスタッフが着るために製作するのです。
こうすることによって志を同じくする人はどこにいるのか、誰がそうなのか、ということが一目でわかります。イベントのために集められた人ならば、例え名前がわからなくても同じTシャツを着ていたらそこの人がスタッフなんだな、とスタッフ同士だけでなく、イベントに来た人が、スタッフに何かあった際に声をかけやすくなります。気持ちを一つにする、判別が付きやすくなる。そういった狙いをつけることが出来るのが、プリントTシャツを製作するメリットになるのです。

ピックアップコンテンツ

TOPへ